Home > キャラバン > イラスト作成過程2

イラスト作成過程2

作成過程その2です。もう終わりですね。

◆外枠
作成過程4
キャラの立ち絵の場合、主線が細い私の絵柄では外枠はメリハリを出すために必須です。
SAIでしていた作業をフォトショップに移して、レイヤー効果でアウトラインを引きます。
解像度にもよりますが、今回は3pxです。主線位置は中央にとってあります。
理由としては自分のペンで描いている線の外側に3px足してしまうと色の微妙な違いなどから気持ち悪いことになるのと、鋭角の折り返しが丸くなったりするからです。そういうの直すのが面倒くs(×

◆ベースカラー
作成過程5
ベースカラーをレイヤーごとに塗り分けていきます。
ここで全体の色見や配色を見て、カラーリングを決めていきます。
様々な機能を使って塗っていきましょう。

◆塗り

後はもう、レイヤーのグループ化を使ったり透明度の保護を使ったりしてグリグリ塗って行きます。
ベースカラーよりちょっと濃い色→もっと濃い色→暗い色→差し色 とすると結構気持ちよく濡れると思います。
塗りの場合、1箇所ずつ塗り込んでいくと全体に濃淡のバランスがとれないことが多いので、全体を見渡しつつ全身を少しずつ掘り下げていくといいです。

※差し色について
差し色は反対色を使うととても鮮やかに存在感がでます。
ただ慣れないとものすごい勇気が必要です。
差し色についてはこれでなくてはならないという法則はないので、自分らしいカラーを見つけるのもいいと思います。
サファイアのカラーで言うと赤いマフラーに対しては緑、金髪に対してはオレンジと緑を組み合わせで使い、奥にある足に対しては紫を使用しています。

製作過程6-1
折角なのでカシスの立ち絵で描いた差し色です。
肌色にくすんだ紫を足して反射光にして立体感を出しています。
コートの裏地への差し色には緑と紫を混合した色を置いてます。
広い面積に差し色をする場合は筆跡を残すときれいに見えるかもしれないです。

◆仕上げ
製作過程7
線の補正です。レイヤーの透明度をロックして主線が浮き上がっているところに暗い色を、目立ちすぎているところには周りのカラーに調和する色を乗せて調整します。
金具部分や瞳など輝度があるところにハイライトをのせて完了です。

お疲れ様でした。
モノによってはコレにテクスチャ乗せたりして味を出すんですが、ただの立ち絵なので今回はそこまではしないです。

さて、すでにブログのネタが尽きたぞ!

Home > キャラバン > イラスト作成過程2

Search
Feeds
Meta

Return to page top